いまいちスカッと晴れない日が続いていた北海道。

気温も上がり日差しも強く「THE夏!」といった感じの本日は午後から雷魚釣りへ。
前回と同じく今シーズン開拓したフィールドでの短時間勝負。

相変わらず人の入った形跡はなく怖い位に静かなポイント。
到着後しばらく観察するも鯉がウロウロしているだけで雷魚の姿は見えず。

1か所づつそれらしい変化を打っているとモワンと菱が揺れる典型的な付き方。
じっくりじらしてアクションちょんでバフ!のはずがプチュッとつまむだけでアワせる間もなく終了。

30分ほど打ち続けるも反応は無。全くの無。

無駄打ちするだけ場が荒れるかなと思い、水面を観察しながらしばらく休憩していると遠くにある大きめのオープンスペースに偏光越しでうっすら確認できる程度の雷魚らしきシルエットを発見。
水面ギリではなかったので確信はなかったけどシルエットはそれっぽい。

しばらくすると水面に波紋を残しその場で浮いている。間違いない。

結構な距離があるから雷魚がこちらに気づいているかはわからないけど、こっちを向いて浮いているので気配を悟られないように小さなモーションでキャスト。
この緊張感のあるキャスト、楽しすぎます。

雷魚の背後に絶妙な距離でフロッグを置くことに成功し静かに引いてくる。顔の横を通り過ぎると同時に躊躇なくバフッと最高すぎる捕食音でアタックしてくれました。

合わせもバッチリ決まり無事キャッチ。
rai45
76cm
ちょっと細いけどなかなかのコンディション。
7月も末にしてようやく今シーズン初の70cm超え。

今年は釣れてはいるけどサイズがなかなか出なかったので嬉しい1本になりました。
気分の良いうちにさっさと納竿。

1本で満足できる雷魚釣り、最高です。
rai46
TACKLE
Rod:GUN2ZERO 66HH
Reel:ABU 5500C(スタウトフレーム)
Line:PE8号110lbs