早いものでもう6月。
今年は例年以上に月日の過ぎ去るスピードが早く感じられます。

北海道はここ数日、朝晩肌寒く日中は過ごしやすいというこの時期らしい気温が続いています。
夏も好きだけど、この中途半端な初夏という季節が一番心地良い。


さて、コロナ禍による緊急事態宣言が解除されて今日で2週間が経過しました。そろそろ釣りを開始しようと思っています。

本日は準備の最終工程、ライン巻き。
昨年使ってみて使用感の良かったYGKの「バルゴス」8号を巻きました。

79年5500Cと81年5500C
bargus2
←ケシアイボリー/ウグイスグリーン→

新品なのに使い込んだような何とも言えないカラーリングがアンバサダーには良く似合う。
おおの、HanedaCraft、Rattytwister、VARIVAS、YGKよつあみ何れも良いラインで選択肢があって楽しめますね。


フィールドはようやくパラ菱が水面に顔を出してきた頃だろう。
少し早いけどひとまず準備は整いました。

今年は例年以上に人と接しない孤独なシーズンになりそうです。