2020年も折り返し地点間近となりました。
月日が過ぎ去るのは本当に早いですね。

新型コロナの影響でやりたい事、行きたい所があっても気軽に移動する事すら難しい時代になってしまいました。

生きていく上で最も大事な人との接触(付き合い)に距離をとる生活を送る時が来るなんて考えもしていませんでした。

原因がウイルスだから仕方がないけれど全てがオンラインで解決できるわけではないし何より人間らしさを抑える行動というのは中々難しいものですね。

対策生活にも慣れてはきたけれど何だか寂しい時代です。

残念なことですが私の住む北海道では一部の地域でダラダラと感染が続いている状況です。



今回のコロナ禍で一番辛いのが子供達の行動制限。
多感な時期に必要な様々な経験を奪われる。
これ程可哀想な事はありません。

運動会も中止、修学旅行も未定、クラスメイトと会う時もマスク、表情も伝わりづらい、そして学びも奪われた分詰め込まれる。
大人より大変。


就職活動中の学生さんも大変だろうと思います。
希望の職種云々の前に受け入れる社会が成り立っていないのだから本当にどうしたらよいものなのか。

こんな時代でも夢や希望だけは捨てないで生きてほしいと願っています。



いつになったら今まで通りの生活が戻るのか、それとももう戻らないのか分かりませんが一刻も早く収束してほしいものです。
人前でのマスク等は対策マナーとしてこの先当たり前のように続いていく感じもしますが万一罹患したとしても治療薬があるから重症や死亡は極稀という段階まで早く到達できる事を願っています。