前回の記事の通りフィールドコンディションは日々カバーゲームが可能な状態に近づいてきているようです。



やはり「雷魚釣り=カバーゲーム」

コロナ禍による外出自粛期間中に少しづつ取り組んでいたロッドの補修も先日無事に完了し準備は万全。

ここ1週間の北海道は気温が低く最高気温も20℃程度で曇りや雨といった日が続いているので今週末は微妙な感じですが復活させた雷魚ロッドを振る日も近そうでワクワクしています。

今年はどんな記憶に残る魚と出会えるのか今から楽しみです。