9月に入り、北海道はすっかり涼しくなって朝晩は肌寒い位です。

先週末、今シーズン最後?の雷魚釣りへ。
毎年最後は一か八かの大物を求め遠征に行っているので今シーズンも行ってきた。

このポイントは例年、岸寄りの浅瀬は1~2枚菱、水門有り、深いところはキッチリ深さもあって、ベイトになりそうな子魚が豊富でカエルも虫も多い場所。
急激な流れはなく雷魚も大型に育ちそうな、自分の中では一級ポイント。

ただ、非常にアプローチしずらい場所なので雷魚アングラー、、というより釣り人に会ったことが一度もない。

そんな素晴らしいポイントだが今年は行ってみてビックリ。パラ菱のみ。

初夏の菱が成長するときに降った大雨の影響だろう。

2ndポイントは菱モリモリだったけど、そこはウェーディングでしか行けない場所。
この日、ウェーダーは持ってきていなかったのでパラ菱エリアを攻める。

気温が低いせいもあってなかなかアタックが出なくて苦戦。
ようやく出てもフロッグを軽くつまむようなアタックばかりでフッキングしない。。

粘りに粘ってなんとか一本キャッチ。
rai19
可愛すぎる40センチ台。
このポイントでこんなに小さい雷魚を釣ったのは初めて。
このサイズもいるということは健全なフィールドなんだろう。

最後は大物で締めたかったけど、そううまくはいかないね。
それも雷魚釣りの楽しいところ。

全然スッキリした終わり方ではないけど一応今シーズンの雷魚は終了。の予定。

今シーズンは40センチ台~80センチ台と幅広く釣れて非常に楽しいシーズンでした。
早くも来シーズンが待ち遠しい。


Rod:haneda craft HEMI STICK RT72SH
Reel:ABU6500C(スタウトフレーム)
Line:PE8号100lbs