2018フィッシングショー横浜も本日で終了。
私は一度も行ったことがないので新製品は毎年カタログでチェックしています。  
1週間くらい前にカタログを手にしてから毎日見てますが欲しい釣り具がありすぎて…

先日紹介したRYOGA1520Hに始まり、ジリオンTWHDもかなり気になっています。
私の主な釣り魚種はソルトはロックフィッシュ、ヒラメ、たまに青物。淡水はナマズ、雷魚が中心で釣行の9割ベイトリールを使用します(雷魚はABU、その他は全てDAIWA)

唯一スピニングを使うのが冬場の軽量リグを使用するロックフィッシュ。
13セルテート(先代モデル)を使用しています。
高剛性で丈夫なところが一番のお気に入り。4年ほど使っていますが巻き感も変わらず上々。
でもマグシールドはない方が良かった。


スピニングは新たに買い足す予定は今のところないですがカタログを見ていると入門~中級機種の進化の具合に驚きました。

特にフリームスとカルディア。
LT(ライトタフ)モデルとなり新登場。
この2機種は一昔前のフラッグシップの上をいっていますね。

2機種の違いはボディ素材がカルディアがZAION、フリームスがDS5、そしてベアリングの数が違うこと。大きな違いはそんなところ。
※マグシールドは両モデルに搭載

両機種ともLT1000~LT6000サイズ(従来機種の1000~4500)とラインナップも豊富。

さらにフリームスは今期モデルからハンドルがねじ込みハンドルになりましたし巻いてみた感じも滑らかで必要十分な感じでした。
※フリームスは発売中(全番手かは不明)
カルディアは3000番台以下は200gを切る軽さ。

もうどちらを選んでも間違いない感じです。
見た目もかっこいいですし、価格も比較的手ごろなので初心者の方や色んな番手を試してみたい方にもとても良い2機種だと思います。

※LTコンセプトは番手の読み方が今までと違ってわかりにくいのでよく確認しましょう

ダイワリール

ダイワ スピニングリール 18 フリームス LT2500S-XH